有名ショッピングサイトでも脱税の持ちかけがあるので注意

悪い男のイメージ。サングラスをかけていて威圧的である。

国外のショッピングサイトで商品を購入し、国内に輸入するときには必ず税関を通過します。 その際に輸送した物資(商品)に応じて、関税や消費税が課せられます。

関税や消費税は特定の商品であるか、あるいは一定の価格以下である場合には免除されますが、 この仕組みを利用して、違法行為、つまり脱税行為が行われることがあります。

輸出入の際に商品に表記する代金を実際の価格より低くし、税金の徴収を免れる脱税行為をダウンバリューと呼びます。 大手のショッピングサイトであっても「値段が安くなるから」とダウンバリューを持ちかけてくることがあります。

何の知識もないまま安くなるからと相手の言うことに賛同すると、脱税行為に加担することになりますので注意してください。

ダウンバリューの実情

検索や人伝いに話を聞く限り、ダウンバリューが当たり前のように展開されている取引先や販売店、国があり、 そこでは販売店側から話を持ち掛けるのが半ば当たり前(サービス)のようになっているようです。

中には購入者側にダウンバリューをする意図がないにも関わらず、 販売店側が(余計な)気を利かせてダウンバリューで輸出することもあるようです。

そのような場合には問題を回避することができませんが、 もし購入者自身がダウンバリューなどの行為に身に覚えがないのであれば、追加徴税で済むでしょう。

もし遭遇してしまったら購入したときの取引履歴などを維持しておくことが賢明です。 万が一に備えておく必要があります。

ダウンバリューが持ちかけられた実例

どこの店舗かは公にしませんが、私の場合には中国の大手ショッピングサイト AliExpress でダウンバリューの持ちかけに遭遇しました。 そこそこ有名なメーカの公式ショップだったので少々驚きました。

実際に商品購入直後に貰った連絡は次の通りです。

Hi ****, thank you for your order . could you please tell how much you want the value declare on Invoice , if you not tell me , i will show full value , and it may have tax , may not ( it depend on your country's custom rule for the parcel import ), please noted , thank you . Best Regards ****

簡単に翻訳すると、「請求書に表記する価格はいくらにするか連絡をください。あなたの国の基準(法律)によっては税金がかかります。」となります。 これは丁重にお断りして、正規価格 (full value) を表示してもらうように連絡を出しました。

待機しても正規価格で出荷してくれるようですが、連絡を出すまで出荷を待機される可能性もありましたので。