メタルラックの互換を検証:アイリスとルミナス(ドウシシャ)

メタルラックを長年使っていると気になるのはパーツの互換性です。 メーカ製に限らずノーブランド製のオプションパーツが販売されているのですから、ある程度の互換は効くはずなのです。 そこで、アイリスとルミナスのメタルラックについて互換を検証しました。

  • 検証に用いた製品と購入年月日
    • アイリスオーヤマ製メタルラック
      • 2010 年購入の 25mm シリーズ
    • ドウシシャ製ルミナススチールワイヤーシェルフ
      • 2012 年購入の 25mm 防水加工シリーズ

それぞれのメーカはパーツ互換について不可とし、また非推奨としています。 安全や万が一の保障のためには、すべて純正で同じメーカーのパーツを使うようにしてください。

このページの内容は非推奨の内容を取り扱っているために、これらのような扱いをした場合の一切の補償は適用されません。

またページの著者についてもあらゆるトラブルや損益に対する補償等は致しかねます。

検証結果一覧

このページの各項目のタイトルは互換についての結論を述べているのでリスト化しておきます。

ポールとポールの互換性はない

ルミナスとアイリスの 25㎜ ポールが結合できるか検証しました。結論から言うとできません。ねじ切りも微妙にですがズレてますし、 ねじの深度が異なるのでポールをはめようとすると画像のように途中までしか入りません。ねじ穴も痛むので挑戦するのもやめた方が良いでしょう。

画像左は上に連結しているのがアイリス製、下がルミナス製です。当然ですが上下を入れ替えても互換はありません。

画像右は左がアイリス製、右がルミナス製です。同じ商品をごっちゃにして保存してもこれなら見分けがつきます。

脚部オプションは互換性がある

ルミナスとアイリスの 25㎜ ポールの脚部パーツ、キャスターやアジャスタが使いまわせるか検証しました。 こちらは互換があるようです。モチロン非推奨です"がねじ切りも合っているように見えますし、 実際に結合させてみた所ぐらつきもなく、また最後まで入りキッチリと固まります。

画像左のパーツは左がルミナス、右がアイリスの製品です。 また実際に結合させている画像右はアイリスのポールにルミナスのアジャスターを差し込んだところです。 組み合わさっているのが確認できると思います。

とはいえ非推奨、他社製品同士の組み合わせです。 (耐荷重)耐久テストもしてませんし、繰り返しになり舞うが、できることならやらないほうが良いです。

ポールと棚の互換はある

ルミナスの棚にアイリスのポールを差し込んだ様子。

ルミナス 25mm の棚と、アイリスの 25㎜ ポールが使いまわせるか検証しました。 こちらは互換があるようです。モチロン非推奨です"が特に問題なくハマります。

スリーブ(留め金・くさび)はアイリス製品を使っています。 互いに棚の穴を 25mm 径で生産しているので、一定の互換はあって当然と言ったところでしょう。

ただし耐久テストはしていないので、扱いには十分に気を付ける必要があります。

ポールは全て同じ種類のものを使うこと

互換があって仮に耐久も満足いくとしても、4本のポールは全て同じメーカのポールを使うことを推奨します。 アイリス、ルミナスともに棚板の位置を決めるスリット(切れ込み・溝)は2.5cm間隔ですが、これがズレている可能性があります。

また、同社の製品であってもポールの長さによって位置がズレている可能性があります。 特に 2 つ以上の部品を組み合わせて使う延長式のポールはズレの可能性があります。

モノによってはズレていないようですが、重さがかかることも考えると安全のために極力統一した方が良いでしょう。

留め具(スリーブ・くさび)の互換について

留め具の突起の位置はズレがあるので併用しない

アイリス製の留め具とルミナス製の留め具とで突起の位置は微妙にずれています。 よって留め具をそれぞれルミナスとアイリスを組み合わせて使うことは良くありません。

2 種類の留め具は互換はあり、留め具同士はハマりますし、突起のズレも mm 単位なので強引に設置することはできますが、耐久制度などに問題が出る可能性があります。 もし使うのなら、いずれか一方の留め具で統一するべきです。

留め具の突起・ポールの溝はほとんど同じ大きさ

アイリスのポールにルミナスのしりーぶを取り付けた様子。

本当に小さな単位であって専用の測量機がなければ測れませんが、 留め具の突起とポールの溝の大きさはアイリス製もルミナス製もほとんど同じです。よって互換性はあります。

繰り返しになりますがメーカ非推奨ですし、微妙な違いで耐久性は落ちるかもしれません。 ただ微々たる範囲でしょう。