カテゴリー: 椎間板ヘルニア

同じぶら下がり健康器の使い方を推奨している方がいない

ここで紹介する、腰を効率よく伸ばすためのぶら下がり健康器の使い方について、同じかあるいは似たような方法を紹介している方がいるか検索したのですが、見つかりませんでした。普通の使い方では効果がない、という意見はチラホラ見かけます。このページを読む

効率の良い「ぶら下がり方」が可能なぶら下がり健康器とは

紹介する効率よく腰を伸ばすためのぶら下がり方は、ぶら下がり健康器によってはできません。体の両脇にある支柱で体を支えられる製品が必要です。またつかむ支柱が細いときは、タオルなどを巻いて太くすると痛くなくなり、長時間ぶら下がることができるようになります。このページを読む

効率良く腰を伸ばす「ぶら下がり健康器」の使い方

ヘルニア治療のためにぶら下がり健康器を使うなら、「ぶら下がる」のではなく、体を「ぶら下げる」ようにします。腕でアーチを作るこの方法は、普通の方法と比べて必要な力が小さく、胸のあたりから伸びるので、誰でも簡単に効率よく腰を伸ばすことができます。このページを読む

自宅治療で使うぶら下がり健康器によって起こる問題

ヘルニアの治療として腰を伸ばすためにぶら下がり健康器を使うにはいくつか問題があります。1) 脚を曲げてぶら下がると十分な牽引効果が得られない。2) 逆立ち型のぶら下がり健康器は効率的に伸びるが、高価な傾向にあり、危険性もある。このページを読む

ぶら下がり健康器を普通に使うと腰を伸ばすことができない

ヘルニアの自宅治療などのために「ぶら下がり健康器」を普通に使うと、効率よく腰が伸ばせないなどの問題が起こります。1) 全身を腕だけで支えるため、長い間ぶら下がるのが困難。2) 牽引治療と異なる姿勢のため肩から延びる。腰(患部)を集中して伸ばしにくい。このページを読む