メタルギアソリッドの新作 PV に見るグッドデザイン

メタルギアソリッド」は初代プレイステーションからシリーズが続く名作ゲームです。 2014年の12月に公開された最新作のプロモーションビデオ(PV)にグッドデザインを発見したので紹介したいと思います。

2014.12 に公開された PV (一部残虐なシーンが含まれます)

設定で 720p60 以上の画質にすることを推奨します。 記事を読んだ後に 480p の物と比較してみると違いが良く分かります。 (視聴するディスプレイが 59, 60ヘルツに対応する必要があります PC なら大丈夫でしょう。)

2つの良い点・新しい要素と古い要素

この PV の良い点は2つです。

  1. 最新の技術・取り組みをキッチリと抑えている。
  2. 旧作のファンが期待する要素を抑えている。

端的に言えば「新しいモノの良さ」と「古いモノの良さ」とが同時に存在して、 暗に視聴者の満足度を高くしようとしています。

60fps の映像

新作ゲームなのだから新しく登場した面白いコンテンツや特徴は当然紹介されます。 私が良いと思ったのは「配信された動画が 60fps である」という点です。 要するに動画の内容ではなく「PV そのものが新しい規格で配信されている」のです。

fps(frame per second) とは、動画が 1 秒あたりに見せる絵の枚数を表す単位です。 私たちがパラパラ漫画を見ると動いているように見えるのと同じ原理で映像は作られています。 一般に映画やテレビは秒間 24 ~ 30 枚の絵を並べていますが、これを 24fps や 30fps と呼びます。

今回紹介した動画が 60fps であるとは、1秒間に 60 枚の絵が表示されていることになります。 最近になって Youtube が対応し始めた 60fps ですが、映像の"美しさ"が 30fps のそれと比較して格段に向上します。 ゲーム本編も 60fps に対応することを示していて、技術力の高さと新作映像の美しさを視聴者に暗に伝えています。

ダンボールによるファンサービス

ダンボールに隠れる敵兵

メタルギアソリッドというゲームには「ダンボール」が欠かせないのです。 このゲームの最初期のシリーズから登場しているアイテムで、ダンボールに隠れて先へ進む、という所謂 「お決まり・18番」が映像の中に取り入れられています。 旧作シリーズのファンが見て思わずにやける様な、楽しめる様な、 そういうものを PV の中に隠しているあたりがニクい演出です。