PC修理依頼「画面が割れて起動もしないPCからデータを」

**今日の患者は東芝製ノートPC dynabook TX/67F です。**
親類の知人経由で運ばれてきました。
ノートPC ってその型専用の部品が使われているので基本的に受け付けたくないんですが、
PC 本体と依頼内容を見て、イケそうだったので預かりました。

= 事故状況と本体の状態

{{figure
(((http://jpmp.jp/wp-content/uploads/2014/11/141115dynabook000.jpg)))
= 画面が割れてしかも起動しないPC

{{small
コンセントがすべて埋まっていたので止むを得ず床置きです。
}}
}}

どうも**「床に置いた状態で踏んでしまった」**らしいのです。
そういうわけで画面が見事に割れています。
外観から見るに画面以外は深刻なダメージを受けていなかったのですが、
加えて Windows も起動できない、という状況でした。依頼内容は次の通りです。

+ ***住所などが入っているのでデータの回収だけでもしたい。***
+ ***保障は切れていて、某所に持ち込んだらデータの回収だけで5万~10万と言われた。***
+ ノートPC 本体は買い換えるので要らない。

まぁPCに関しては一定年数経過していれば基本的には買い替えを推奨していますし、
液晶の交換なんかするよりもよほど経済的だと思います。
そもそも交換できない場合がほとんどですし、したくもありません。メーカでもない限り私も依頼主も損します。

Windows が起動できない辺りは元々調子が良くなかった状態で踏んだか、
踏む前に落下させたかどちらかと判断しました。

**データの回収に5~10万と言われた、というのは多分本当で、
データに関しては結構なお金を出しますって人が多い**んですよね。

持ち込んだ場所も良くなかったのかもしれません。
PCの状態を見た人は詳しい人じゃないでしょう。もしくは知っていて吹っかけたかどちらかですが、
後から分かったことですが状態はそれほど悪くありませんでした。

= 分解して HDD を回収

依頼の内容に従って、分解して ??HDD??(データを記録するもの) を回収することにします。
このノートPC本体のまま作業できそうではありますが、割れた液晶で作業を続けるのも何なので。

{{figure
(((http://jpmp.jp/wp-content/uploads/2014/11/141115dynabook001.jpg)))
= 分解して取り外した HDD
}}

dynabook はノートの中でもかなり分解しやすい方ですね。(旧)Sony の VAIO とか Panasonic の Let's Note とか、
破損させずに開けるのは"今となっては"至難の業です。
小型化軽量化のために専用のパーツや取り換え困難な組み方を採用している場合が多いのです。
ちなみに本体部品は不要であるとのことだったので使える部品は回収しました。

= データのチェック

回収した HDD は幸いに SATA と呼ばれる昨今の主流規格でした。
まぁひとつ前のものでもどうにでもできますけど。手間が違います。
破損しているのは Windows の軌道に必要なシステムファイルだけですね。
要望通り連絡先住所や写真などのデータを回収できそうです。

{{figure
(((http://jpmp.jp/wp-content/uploads/2014/11/141115dynabook003.jpg)))
= 回収したデータ
}}

= 作業完了と対応料金

回収したデータはUSBに入れて依頼人にお渡ししました。
***依頼対応料金は 15,000 円です。***内訳は依頼人にのみに伝えて Web では非公開です。
(同じような状況というのはまずあり得ないためです)

PC本体は持ち込みで、データや作業についても全面的に信用してもらったので拘束時間が短い作業でした。
したがって比較的安価に済みます。回収して引っ越せる範囲のデータも少なかったですしね。

PCの預かりからデータの返却まで3日かからなかった上に、
他店では5万かかると言われていたものなので、まぁそこそこお得な感じじゃないでしょうか。

ただエンジニアまで配送から何からしていたら、現実的にはメーカ対応みたいな額になるでしょう。
状況にもよりますけどメーカもそれほど大げさな料金を付けているわけではないと思います。

##
{{figure
= 対応料金
!|基本技術料 || 5,000
!|作業拘束時間 || 2h * 3,000
!|複製データ受け渡し|| 4,000
!|合計 || 15,000(税別)
}}
##