"初めてコンテンツを配信する" なら既存の配信サービスを活用するべきだ

もし、あなたがこれからブログを始めようと考えているのであれば、 まずは既存のブログ配信サービスを利用することを強くお勧めします。 他に、たとえば Youtube やその他の配信サービスを利用しようとしている場合にも、ブログなどの利用を検討してみて欲しいのです。

既存のブログ配信サービスを利用しているユーザは、同じサービス上で配信されている他のブログを閲覧しやすい状況にあります。 一定のユーザー数が保障されている環境で記事が書けるので、 何もない土地でユーザを一から集めるよりもするよりも、明らかにファンを獲得しやすいのです。 これは街に店を構えて始めるか、町はずれの森に店を構えるかの違いを想像してもらえば良いと思います。 始めやすいのはどちらでしょうか。

ブログサービスは "継続的な読者" を獲得しやすい

既存の配信サービスにある「お気に入り登録するシステム」は大きなメリットです。 残念ながら、日本の IT リテラシはそれほど高くありません。 ブラウザにブックマークしておく以外で、特定のページを継続的に読むための仕組みを活用している人はまだまだ少ないでしょう。 ファンを作るには既存のブログ(やその他の)配信システムを活用することが望ましいのです。

自分でブログページを立ち上げるデメリットは

有名なブログシステム(フリーソフト)に WordPress と呼ばれるものがあり、 多くの場所で勧められていますが、導入時点でのデメリットは沢山あります。 特に、自分で用意するものが多く、知識と時間のコストがかかることが問題です。 また用意だけでなく運用にもコツが要ります。まずそういうことを考える前に、コンテンツを作るべきでしょう。

もしもあなたが IT に関する十分なスキルを持っていたとしても、 まずはコンテンツの拡充を優先することをおススメします。 すでに十分なコンテンツを持っていれば話は別ですけど。

動画や画像を主体にしたい

もしあなたが「ブログサービスでは機能が足りない写真や動画をコンテンツにしたい」というのであれば、 Instagram や Youtube などの外部のサービスを活用して、その紹介をあなたのブログや SNS に掲載するのが良いと思います。 今時 Instagram だけ、Youtube だけ、Tiwtter だけ、という条件下で有名なユーザはそれほどいないでしょう。 大抵いくつか組み合わせて利用しているはずです。多くのユーザを呼び込みたければ、 どうしても単一のコンテンツでは量と情報の種類が不足気味にもなります。

例えば写真であれば、どうやって撮影したのか、という How to 情報は喜ばれるだろうし、 動画は制作に時間がかかるから、小規模な情報は Twitter やブログに掲載する、ということができますね。

SNS を活用するべき

少なくともあなたが利用している SNS には、あなたがブログやその他の場所に公開した新しいコンテンツの情報を掲載するべきです。 先に語ったように、ブラウザにブックマークしておく以外に、あなたのサイトを継続的に読むための仕組みを用意している人は少ない です。 Twitter や Facebook に新着情報を表示されるようにしておけば、継続的な読者を呼び込みやすくするでしょう。 一方で提供する本人はコンテンツを見てもらうチャンスをより多く獲得できますね。