上手い ! と思う ライトニングトーク に共通する 2 つのこと

ライトニングトークとは、(ふつう) 5 分という短い時間でプレゼンテーションすることです。 これがなかなか面白く、上手い人下手な人、笑せる人、感心させる人がいます。 ここでは私が思わず惹き付けられたライトニングトークに共通する 2 つのことについて紹介したいと思います。 記事の後半にお手本のトークも紹介しているのでライトニングトークを知らない人も是非に。

聴衆に通じる共通の話題を "提供" して "ウケ" を取る

ライトニングトークの重要な点は "面白さ" にあると思います。 5 分と短いので聞いてしまえば然程の退屈さは感じないのですが、 聴衆が "聞くだけ" になってしまって "聴かせる" ことができなければプレゼンは失敗です。 必要なのは"ウケ"です。面白みがあり、共感を呼び、自分のトークに興味を持ってもらわなければ、 5 分しかないせいもあって何も伝えることができないのです。

"面白い" というのは笑わせることだけではなく、コミカルな人にならなけらばいけない、ということではありません。 相手に尋ねかける、相手に反応を求めるような進め方が、好ましい(と私は思う)ということです。 まぁ私は笑えるのが好きですけど。

具体的にどうすればよいのか

トークの間にさり気なく聴衆に聞けるようになるといいんですけど、なかなか出来ないってこともありますよね。 そういう時は、"間" のスライドを用意してみてはどうでしょう。

  • 「○× なことありませんか?」
  • 「皆さんご存知の ○× です。」
  • 「○× 知ってる方どれくらいいますか?」

最後なんか挙手を求めたりする人、慣れている感じでカッコいいです。 ただ会場の空気を見て、反応がなくてもあっさり進められるように心構えは必要です。

テーマを上手く絞り込む

一般的なプレゼンテーションであれば、いくつかの章のように話を分割して整理しながら話を進めていくことができるでしょう。 ライトニングトークでそれをすると失敗します。 そもそもライトニングトークは限定的なコミュニティ内で開催されたり、 何かテーマが設定されていることがほとんどですから、前提の話や過程の話は一切ナシです。

経験的に、一つ伝えたいことを主軸にして、その主軸に繋げるための 2, 3 の話題を用意するのが良いです。 その 2, 3 には先に紹介したように "共通の話題" を含めるのが良いですね。 最後にもう一度伝えたいこと(主軸)を話すのも良いかもしれません。トークが苦手でもやり易い手法です。

余裕 > テンポ > 情報量

思い切って情報量を削り、緩やかに進めてトークを終えると、カッコよく見えます。 5 分と早足で進むので、大事なこと以外は覚えていられないんですよね。 むしろ情報が多いと主題が伝わらずに"どうでもいいこと"が断片的に伝わるだけな気がします。

緩やかに話しているのに、プレゼンテーションの主題が分かる人のトークは、すんなり入ってきて、聴いた気になれます。 欲を言えば上手い人のトークは”テンポ”が良いのですが、これについては経験しかないと思うので割愛します。 テンポを上手く真似る方法があればいいんですけどね。なさそうです。

お手本のトーク "スーパーササダンゴマシン"

お手本のトークがあります。スーパーササダンゴマシンさんのトークです。 彼がプロレスラーだからトークが上手い、というのは置いといて、 ここで述べたことがトークの中に盛り込まれているのが分かります。 テーマはプロレスで、共通の話題(リーマンショックなど)があり、相手に問いかけるようなトークも随所に見られますよ。

私は経済学の話は良く分かりませんし、プロレスも見る方ではありませんが、最後まで面白く聞けました。 今回はこのトークを取り上げましたが、話題や話し方に好みの問題はつきものなので、 良いと思った人のプレゼンテーション・トークを解析してみるのが良いでしょう。