サイレントヒルみたいな隣の部屋の扉

サイレントヒルみたいな扉イメージ。

引っ越し先のお隣の部屋の扉がどう見てもゲーム「SILENT HILL(サイレントヒル)」にしか見えなかったので思わず写真を撮ってしまいました。

扉の全景。

扉の全景です。異様な雰囲気のように加工したようにも見えますが、素でこんな雰囲気です。ライトの色の性なのか壁面の色の性なのか。

扉の上部、手を伸ばさないと届かないような位置に手形がある。完全に汚れていて時間経過で落ちない。

扉の上の方には手形が付いています。全景図の方が見やすいかもしれません。数時間・数日で消えるようなものかと思ったらそうではなく、 完全に汚れとして付着しています。

つまりわざわざ汚れた手でここまで手を伸ばさないとこのようにはならないのです。どんなシチュエーションだったのでしょう。

覗き穴右下部分。ちょうど叩けるような位置に激しい凹みがある。

覗き穴右下部分には1000本ノックでもしたかのような痕があります。汚れじゃなくてかなり凹んでます。

のぞき穴周辺だけがピンポイントに削れてる。

物を搬入するときなどに凹む可能性があるので、まぁ凹みは気にしないにしても、覗き穴周辺だけが削れるのはいったいどういう理屈なんでしょうか…。

左下に蹴ったような跡がある。

取り立てでもあったのでしょうかね。こちらはまぁありがっちっちゃありがちですが、扉の下部、入り口側には蹴ったような跡や汚れがあります。